障害認定日

「障害認定日」とは、障害の程度の認定を行うべき日をいい、初診日から起算して1年6月を経過した日又は1年6月以内に治った場合にはその治った日(その症状が固定し、治療の効果が期待できない状態に至った日を含む。)をいいます。

*20歳前傷病による障害基礎年金の場合は、初診日から起算して1年6月を経過した日が20歳未満であるときは、20歳の誕生日の前日が障害認定日となります。
 
なお、次の場合は、1年6か月以内であっても、障害認定日となります。 
 
①人工透析療法を行っている場合は、透析を受けはじめてから3月を経過した日
②人工骨頭又は人工関節をそう入置換した場合は、そう入置換した日
③心臓ペースメーカー、植え込み型除細動器(ICD)又は人工弁を装着した場合は、装着した日
④人工肛門又は新膀胱の造設、尿路変更術を施術した場合は、造設又は手術を施した日から6か月経過した日(ただし、新膀胱造設で単独の場合は造設した日)
⑤切断又は離断による肢体の障害は、原則として切断又は離断した日(障害手当金又は旧法の場合は、創面が治癒した日)
⑥喉頭全摘出の場合は、全摘出した日
⑦在宅酸素療法を行っている場合は、在宅酸素療法を開始した日
⑧脳出血等、脳血管障害により障害が残り、初診日から起算して6か月経過した日以降に、医師が症状固定を認めた場合は、その症状が固定した日
 
 
*「傷病が治った状態」とは、器質的欠損若しくは変形又は機能障害を残している場合は、医学的に傷病が治ったとき、又は、その症状が安定し、長期にわたってその疾病の固定性が認められ、医療効果が期待し得ない状態で、かつ、残存する症状が自然経過により到達すると認められる最終の状態(症状が固定)に達したときをいいます。

お問合せはこちら

障害年金のことでお困りなら、どうぞお気軽にご相談ください。

無料相談も承っております。

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

072-288-1671

受付時間:9:00〜18:00