受給事例

当事務所がこれまでに手がけた受給事例をご紹介いたします。

受給事例のご紹介

双極性感情障害・障害厚生年金2級・5年遡及で約1000万円が支給された事例

 

双極性感情障害 大阪府吹田市・男性(40代)

 

 ご本人様の奥様から相談を受けました。

 最初の頃は、うつが半年ほど続きその後、躁状態になるということを繰り返すとのことでした。躁状態になるとよく出歩き、家に帰ってこなくなる。

 

 さらにクレジットカードを使いすぎる。逆にうつ状態となったときは生活意欲や仕事への気力がなくなり、一日中自宅に引きこもり寝込んでいる。

 

 1年間休職した後、復職できず退職。それ以降は、就職できても長続きすることができず、退職と就職を繰り返している。現在、1か月ごとに躁と鬱を繰り返している。鬱になると必ず「自信をなくしたから働くことができない。」と口にする。

 

 ご依頼者様は、遡及(さかのぼり)請求を希望されていましたので、2枚の診断書の依頼と病歴・就労状況等申立書の作成を慎重に進めました。

 

 奥様からのヒアリングの結果、ご主人様は相当酷い状態であったと推測されますので、そのことを医師に伝えるためにも、奥様からより詳細な事実をお伺いし、「日常生活についての報告書(当事務所のオリジナル資料です。)」を作成しました。

 

 さらに、病歴・就労状況等申立書におきましても診断書ではカバーされていない部分を詳しくアピールし申請しました。

 

 結果は、障害厚生年金2級(5年遡及)となり、配偶者や子の加算額も該当したため、5年遡及の総額で約1,000万円となりました。

 

結果:障害厚生年金2級+障害基礎年金2級(5年遡及認定)

お問合せはこちら

障害年金のことでお困りなら、どうぞお気軽にご相談ください。

無料相談も承っております。

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

072-288-1671

受付時間:9:00〜18:00

ただいま、業務多忙のため無料電話相談は中止しています。10月23日以降、再開予定です。

平成29年10月11日から10月18日まで臨時休業となります。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。