うつ病で障害基礎年金2級が認定され約403万円受給した事例

 ご本人様及びお母様より相談がありました。きっかけはバイト先でセクハラを受け、ショックで不眠が続いた。人間不信となり、徐々に悩みが深刻化し何も手につかなくなった。母親が娘の様子がおかしいことに気づき心療内科を受診した。

 

 以後、7年間通院を続けているが、症状の改善もなく重度のうつ状態が続いている。

発病してからは、両親のサポートが必要で就労は全くできない状態が続いている。

 

 初診日より1年6か月(障害認定日)において受診があり、当時の症状も今と変わらず重度だったことから、遡及請求(さかのぼり請求)を提案しました。さらに、発病から現在にかけての経緯を詳しくヒアリングし、病歴・就労状況等申立書を仕上げ、障害年金の申請を行いました。

 

 結果は、障害認定日(遡及請求)で2級が認められ、障害基礎年金の遡及分として約400万円が支給されました。

 

 結果:障害基礎年金2級

お問合せはこちら

障害年金のことでお困りなら、どうぞお気軽にご相談ください。

無料相談も承っております。

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

072-288-1671

受付時間:9:00〜18:00

ただいま、業務多忙のため無料電話相談は中止しています。10月23日以降、再開予定です。

平成29年10月11日から10月18日まで臨時休業となります。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。